スポンサーリンク

リウマチの始まりを思い出してみる

リウマチのこと

発症したのは、というか診断名が付いたのは2007年だと思う。

あのときの症状は、

・右手の中指第2関節がぷっくり腫れてうまく握れない
・顎関節が痛い。普通のご飯を食べるのもツライ

でした。後者の方が重傷で
歯科医院でマウスピースを作り、カイロプラクティックやら、鍼灸院やら行って
やっと顎関節の方が良くなったんだけど、右手は治らない…

このとき、朝が一番動かしづらくて夕方にかけて改善するので
リウマチなのかな?ってちょっと思ってた。
でも「こわばる」というのがイマイチよくわからず…

そのうち、朝起きると足の指の付け根が痛くて歩くのもつらいほどになり
整形外科に行って血液検査して「リウマチ」という診断になった。
両手の指に症状が出ることが多いらしいけど私は片手だけでした。

でも初期というか、軽度というか、そんなに重症ではないという印象だった。

そうそう、忘れもしない最初に処方された アザルフィジン!という飲み薬
飲んでみたら目が真っ赤に充血してしまって、これはおかしい!
ということですぐまた病院へ…お薬変更。

結局、少量のMTXに変えてスタートしたと思う。

足の炎症は収まったけど、右手中指については夏の間は調子が良く
秋~冬に悪化してひどく腫れるというのを何年か繰り返した。

つらかったのは、小銭の扱いかな…
腫れちゃってグーが作れないから、お財布から取り出す小銭が手から落ちてしまう(笑)

やっぱりちょっとつらいなと思って、転院を決意。
それまでの地元の整形外科もすごく良い先生だったんだけど、セカンドオピニオンを聞いてみたいなと思って。
遠いけど… 有名な専門外来に通院。

まぁ、リウマチの診断には変わりないんだけど 最初はMTXの量を結構増やしてみた…

でもやっぱり冬がつらくて (ノ◇≦。)

それまでは、値段の高さからトライをせずに我慢していた生物学的製剤(注射)のエンブレルを
ついに試すことにした。

最初は0.5mmを2週間に1回。

これがもう、当初は注射した場所が2~3日すごくかゆくて!
冷えピタ貼ってしのいでた(笑)

何度か注射した後、かゆくなることがなくなって、あぁ身体が慣れてくれたんだな~と。
同時に、右手の中指が冬でもほとんど痛くならなくなった!

エンブレルは私にはすごく合っていたらしい!

冬でもグーができる!これは嬉しかったなぁ~

症状が良くなったので、今は3週間に1本で処方してもらってるけど
痛みが出ないと忘れてしまって、結構4~5週に1本になってます。

そのくらい経つと、じわじわ痛いというか、違和感を感じて、あー注射しなきゃだな。
という感じになる。

でも、エンブレルのおかげで
私の場合は本当に寛解に限りなく近づきました。
本当に幸運だったな~。

スポンサーリンク

応援のポチを頂けたら嬉しいです

にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ

にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 顕微授精へ